2005年02月28日(月)

液晶不具合に見るソニーの対応

VAIOと不可解な横線達2005 【VAIO液晶画面不具合の無償修理打ち切り問題まとめサイト】

ソニーのVAIO LX付属液晶に不具合が生じやすいんだけど、ソニーが無償交換対応をやめてしまったという話。同じ液晶を使ってる日立やナナオは無償交換してるのにね……と。

昔ならこういうことは表面化しなくて済んだけど、こういうようにいろいろな写真が一覧形式で掲載されると説得力が全然違いますな。製品を作っていて不具合が起きるのは、しょうがないし、その点については(まともな)消費者なら分かってるでしょう。問題はそういう不具合なりの問題が起きたときにどれだけスマートな対処ができるかってことだと思うんだけどね。今のソニーと消費者の意識の乖離っぷりは見ていて涙を誘う。これ(ウォークマンの命は、音質です)なんかもどうかと思うね。そりゃ、デフォルトが圧縮音源を再生するiPodと通常のCDウォークマンなら音質は違うに決まってるでしょうに。まぁ、iPodよりネットワークウォークマンの方が音が良いのは確かだけど、そもそも騒音の多い外出先で聴くことが多いポータブルオーディオにおいて、利便性>>>>>音質であるという事実を分かっていないんじゃないか。利便性と音質の戦いなんて、1955年に勝負がついてるわけでね。

俺は消費者至上主義ではないけど、消費者にとって明らかにおかしいと思うことはきちんと言っていくべきだと思う。もちろん、ネット上でそういう行動をする場合、善し悪し両方あるけどね(最近はただでさえ、単にGKGK言いたいだけの連中も多いと思うし)。でも、こういう問題は突き詰めれば、もう殿様商売が通用する時代じゃなくなったってことなんだと思う。細かいことで難癖つけてくる消費者がうざいと思うのはまぁ分かるけど、こういう液晶不具合とかはそれ以前の問題だし。「ユーザーに不親切な会社」ってイメージが付くことが長期的に見て一番会社にダメージがあることだと思うんだけどなぁ。

| 小ネタ | この記事のURI | Posted at 16時20分 |

_EOF_