2007年03月13日(火)

著作権保護期間問題トークイベント動画配信ともろもろ

先日、著作権保護期間延長問題を考えるフォーラム主催のトークイベントが行われ、僕はコーディネーターを務めました。下記ニュースサイトにレポートが上がってます。

著作権保護期間は延長すべきか--賛成派、慎重派それぞれの意見とは(CNET Japan)

「著作権保護期間、作家が選べるシステムを」――延長めぐる議論再び(ITmedia)

著作権保護期間の延長をめぐり賛成・反対双方が参加の公開トーク (INTERNET Watch)

記事だけ読むとややもすると散漫な印象の残るトークイベントだったように思えるでしょうが、個人的には昨年12月11日のシンポジウムよりも話が噛み合うそれなりに有意義な話し合いが行えたのではないかと思っております(まあ2回目ですしね)。

フォーラムの公開シンポジウム | 公開トークイベント vol.1(著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム)

フォーラムのページ上でノーカットの動画配信を始めましたので、お時間ある人はぜひ観ていただければと思います。また、観られた方、記事を読まれた方はぜひCopy & Copyright Diaryさんの作られたはてなアンケートにお答えいただければ幸いです。

この延長問題、今年の文化審議会で特別に小委員会(過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会)が設置され、今後はそちらでの議論がかなり大きなウェイトを占めるようになっていくかと思います。我々フォーラムも文化審議会での議論とリンクする形で、毎月何らかの問題提起を行うトークイベントを実施していく予定です。

文化庁、著作権の保護期間延長問題など議論する小委員会設置(INTERNET Watch)

私的録音録画小委員会に引き続き、過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会に参加させていただくことになりました(本当はフォーラム世話人の福井健策さんをこの委員会に選出して欲しかったんですけどね……)。

専門委員の名簿は以下の通りです。

●上野達弘(立教大学助教授)

●大渕哲也(東京大学教授)

●大村敦志(東京大学教授)

●梶原均(日本放送協会ライツ・アーカイブスセンター著作権・契約副部長)

●金正勲(慶應義塾大学助教授)

●久保田裕(社団法人コンピュータ・ソフトウエア著作権協会専務理事・事務局長

●佐々木正峰(独立行政法人国立科学博物館長)

●佐々木隆一(ネットワーク音楽著作権連絡協議会代表世話人)

●里中満智子(漫画家)

●椎名和夫(社団法人日本芸能実演家団体協議会実演家著作隣接権センター運営委員)

●渋谷達紀(早稲田大学教授)

●瀬尾太一(有限責任中間法人日本写真著作権協会常務理事)

●津田大介(IT・音楽ジャーナリスト)

●常世田良(社団法人日本図書館協会常務理事)

●都倉俊一(作曲家、社団法人日本音楽著作権協会理事)

●中山信弘(東京大学教授)

●野原佐和子(株式会社イプシ・マーケティング研究所代表取締役社長)

●生野秀年(社団法人日本レコード協会専務理事)

●平田オリザ(劇作家・演出家)

●松尾武昌(社会福祉法人全国社会福祉協議会常務理事)

●三田誠広(作家、社団法人日本文藝家協会副理事長)

以上21名

延長問題に限らず、ネットワーク時代の新しい著作権制度を考えるには良い時期だと思うので、何かしら新しい制度を作るための論点を提示できるよう頑張りたいと思います。

| 著作権 | この記事のURI | Posted at 23時48分 |

_EOF_