2005年03月08日(火)

小室哲哉が音楽配信についての講演をするらしい

特番収録現場の1コマ@globe decade Blog

globeのblogより。小室哲哉が音楽配信についての講演をするのだとか。これ行きたいなー。もう終わっちゃったのかな。これ詳細知ってる人いたら教えてください。このblogには全然インフォメーションが載ってないし。クローズドなものになるんだろうか。

小室哲哉といえば、Napster登場当初肯定的な発言をしていた日本では数少ないアーティスト。ファイルローグ裁判のときは「海賊版を助長させる」みたいな否定的なコメントを出していたけど、(多分)そのコメント出したあとに行われたJASRACのインタビュー記事ではNapster的なものに対して肯定的な発言も見られる。以下引用。

ナップスターのようなネット上のファイル交換ソフトが問題になっていますが、僕はテクノロジーの進化はむやみに止めない方がよいと思っているんです。自分もコンピューターを駆使して音楽を作っているので、テクノロジーにはどんどん進化してほしいんです。早く権利処理のシステムを作って、交換ソフトのようなテクノロジーが早く当たり前に一般化してほしい。今みたいな過渡期に、ソフトを「止める、止めない」で争っていると、無駄なエネルギーを消耗しているような気がするんです。

2002年に行われたインタビューということを考えると、いろいろ示唆的ではある。逆に言うと3年近く経っているのに、このインタビューの状況から音楽業界が大して動いてないってことが、音楽業界の硬直化を示しているようにも思うけど。行う講演もこういう思想に基づいたものになるのかな。

(追記)
どうやら既に行われていたみたいね。内容はどうだったんだろ。

| 音楽配信 | この記事のURI | Posted at 11時03分 |

_EOF_