2005年06月07日(火)

果たしてiTMS開始は日経新聞の飛ばし記事だったのか?

iTMS開始報道にレーベル各社、「協議はしているが決定事項はない」(ITmedia)
アップル、iTMSの国内開始報道に対して「取材を受けた事実ない」(Internet Watch)

まーあそこまで細かく詳細書かれてて(1面と3面使ってるしねー)まったくのガセなんて、普通に考えればそんなことはないわな。といっても公式発表がない段階でレコード会社が「ええ、8月からスタートしますよ。150円で」と言えるわけもなく。

となると情報の出所はどこかって話になるんだろうけど、今更そんな「犯人捜し」とかするレベルじゃなくなってるもんねぇ。もしかすると新聞メディアは新聞メディアでスクープ合戦とかあって、それでこういう形になったのかもね。追いかけてたのは日経だけじゃないだろうし。

まーでもDRMの落としどころとか価格の落としどころどうするのかってのは、なかなか難しい問題だろうなーとは思う。そこでうかつなことは言えないよね。未だにそこでメジャーとの交渉が難航してるっていってもおかしくはないし。でもこうなった以上早くアップルが発表すりゃいいのに。どうせやることは決まってるんだから。

あと、このニュースでなんかJASRACのこといろいろいぶかしがってる人多いけど「直接」は関係ないと思うよ。日本のルールでとか言ったって、別にそれに関しては通常のダウンロード利用料率でやりますよってことを言ってるだけでね。

iTMSだって確か音楽出版社には1曲(99セント)あたり8セント払ってるでしょ。日本とは徴収の仕方違うかもしれないけど、まぁ大体著作権手数料はそんなもんかと。大体JASRACはiTMSがブレイクして大成功してくれれば、手数料たくさん入ってウハウハになるわけで(しかも、今まで配信で取れなかったMacユーザーを新規のお客さんとして大量に迎え入れられるわけだよ)、iTMSを歓迎こそすれ(そりゃレコード業界に対してはある程度のポーズは取る必要あるだろうけど)、参入妨害なんてする意味ないじゃんねーと思うんだけどなぁ。

| 音楽配信 | この記事のURI | Posted at 15時23分 |

_EOF_