2005年06月07日(火)

着うたとiTMSの関係

iTMS上陸、「着うたフル」への影響は?

着うたがどうなるかってことは、下のエントリーでもちょっと書いたけど、神尾寿さんがITSジャーナリストの立場から、着うたの今後についていくつか考えられるより具体的な将来像を語っている。

で、それとは別の話で、これは自分がいくつかの原稿で書いたことでもあるんだけど、神尾さんもタイムリーに触れているので引用しよう。

複数の消息筋によると、アップルは日本のレコード会社各社に対し、当初から、一部で報道された「150円」のラインでの価格設定するよう交渉していた。しかし、一部のレコード会社が「(日本の)着うたフルは1曲300円で売れている」と反発。価格交渉に時間がかかってしまったのだという。

はっきり書いてしまえば、iTMSの上陸が遅れた原因の1つには「着うたフル」の生暖かい成功がある。大成功とまではいかないがあの価格で順調にダウンロードを伸ばしている状況があったおかげで、1曲○○○円を提示してきたアップルに対して譲歩することないという空気が音楽業界内(より正しく言えば一部レコード会社)にできてしまったことは事実だ。要は「着うたフルが300円で売れてるのに、何でアップルに買い叩かれなきゃいけないの」っていう、経営判断だったり、偉い人のプライドだったり、ややもすると状況がよくわかっていないことに起因する勘違いだったり、みたいなね。でも彼らはその一方で「ケータイで売れる音楽なんて、本物の音楽じゃない!」みたいな青臭い感情もたぶんどこかにはあったりするのだろう。

話がずれてきてしまったので戻すが、個人的には「ケータイ向けの音楽配信(着うた)とiTMSはユーザー層がかなり違う」と思っている。そのあたりを細かく説明しようかとも思ったのだが、結構いろいろなところでしゃべったりしているので、またそれは今度の機会に(今売りのMac Peopleの連載記事でちょっとそのことについては触れてます)。

あ、O.D.A.さんが分かりやすく違いを語ってくれてますな。「ケータイにHDD載ってから競合が始まるのでは」とのことだが、俺はケータイに載ったところで競合はほんの一部分なのではないかと見ている。

ヒント:バッテリー、画面サイズ、(キャリアにとっての)パケット代

| 音楽配信 | この記事のURI | Posted at 17時57分 |

_EOF_