2005年08月08日(月)

CNET Japanに「ついに日本の音楽業界に風穴を開けてくれたアップル」を書きました

ついに日本の音楽業界に風穴を開けてくれたアップル(CNET Japan)

さっきの記事でもう1個のやつって言ってた記事がアップされましたね。ホント、日本の音楽業界はアップルがやってくれた目に見えない部分での音楽業界への貢献をもっと評価してあげないといけないと思う。俺は別にアップル信者じゃないけど(初めて個人で買ったMacってMac miniだしね!)、ことこの音楽配信に限って言えば、やっぱりアップルのやっていることを評価せざるを得ない。2000年前後って、ケータイに食われて電車の中でウォークマン使う人が減ったって話があったんだけど、最近は本当によくiPodを利用している人を見かけるようになった。もうそれは男女問わずね。ケータイに流れちゃった一般消費者を音楽を聴くことに「戻した」だけでもアップルはめちゃくちゃ評価されてしかるべきだと思うんだけど、その間レコード会社がやってきたことといったらiPodを全否定するCCCD発売ですからねぇ。空気読めないのも大概にしておけという感じではあるんだけど、まぁこうしてようやく何とか新しい動きが出てきて、個人的にもいろいろ感慨深いです。

やっぱねー。有無を言わせぬ「成功」が必要ですよ。今はいろいろなしがらみでiTMSに曲を出してないSMEだけど、iTMSがこのペースで1カ月売れると仮定したら1カ月に750万曲売れるわけでしょ? それってSMEの「牙城」であるMoraの15倍なわけですよ。普通に考えて15倍売れる市場があるのに(しかも、在庫コストとか一切存在しないデジタルコピーの世界でだよ)、それを無視していつまでも楽曲を提供しないなんてことをしてたら普通に経営責任問われるよね。iTMS的な世界を標準にして、日本の音楽配信をまともにしたいのならとにかくユーザーは買うという明確な「支持」をすることしかないと思うんだよね。個人的には今の邦楽アルバムの3000円って価格が高すぎると思うので、今後邦楽アルバムはできるだけiTMSで買っていこうという方針にした。とりあえず気になってたけどCCCDで買えなかったACIDMANの「LOOP」を購入してみた。会社と家で両方で簡単に聴けるってのが凄い。そんな当たり前のことが今までできなかったんだから、ホントアホだよなー。1500円だし、お得感も強くて非常に良かった。波、白くは名曲だね。この人たちなんでいまだにCCCD続けてるのかねぇ。

| 音楽配信 | この記事のURI | Posted at 20時07分 |

_EOF_