2006年07月04日(火)

NIKKEI NETのインターネットラジオの記事でコメントしました

Jポップも聴き放題――「ネットラジオ」型音楽配信の可能性(NIKKEI NET)

ちょっと前にYOMIURI PCでも似たような記事書きました。

コメントとしてはまぁ普通のコメントになりましたが、これのもうちょっと口悪い版を読みたい人はこちらのエントリをどうぞ。まぁこれだけ金取る有料サービスとして始めるんだから128Kbpsでやるのかと思ったら実際には64Kbpsで始まって、違う意味で驚きましたよ。まぁどうせ「128KbpsじゃCDと同じクオリティじゃないか!」とかそんなイチャモンでこのビットレートになったんだろうけど。かつて日本レコード協会はメディアに対して「MP3の音質を“CD音質並み”とか表現するな!」とか要望してたので、128Kbpsでネットラジオしたところで大した問題じゃなさそうだよねぇ。ま、音楽業界はダブルスタンダードどころかトリプル、クアドラブルスタンダードは当たり前なので、エンドユーザーとしては、純粋に魅力あるサービスが登場したときだけクールに利用すればいいと思いますよ。

あと、NIKKEI NETの記事の中で触れられてるLast.fm日本進出に関しての考察は今売りのINVITATION誌とMacPeople誌の連載記事で触れているので、読みたい方はそちらをお買い求め(orお立ち読み)くださいませ。

| ネットラジオ | この記事のURI | Posted at 01時50分 |

_EOF_