2006年07月04日(火)

全国初となるストリーミング著作権侵害摘発

本日午後4時からACCSが全国初となるストリーミングの著作権侵害の逮捕に関する会見を行うとか。先日テレビ局がACCSにネット上の著作権侵害の対策を委託するというニュースがあったけど、これの強力なデモンストレーションになったねぇ。まぁ、セキュリティホールが見つかるまで掲示板でしか本人特定できなかったWinnyと比べると、ストリーミングの発信者特定は簡単だからなぁ。気になるのは何のサービスで著作権侵害をしていたかというところ。果たしてYouTubeなのかGoogle VideoなのかPeercastなのか……。ま、見せしめ的な逮捕ならYouTubeだろうけどねぇ。予定入ってなかったら会見行ってたのに!

平成18年7月3日
報 道 各 位

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
専務理事・事務局長 久保田 裕 

映像の「ストリーミング配信」による著作権侵害事件、記者発表会開催のお知らせ


 日頃より、当協会の活動に対し、ご理解とご支援を賜りありがとうございます。
 さて、本日、映像のストリーミング配信による著作権侵害を行っていた者が全国で初めて摘発されます。つきましては、本日午後4時より、本事件についての記者発表会をACCS会議室において、下記要領にて開催いたします。突然のご連絡で大変恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。ニュースの性質上、お知らせが当日となってしまいましたことをお詫び申し上げます。
 なお、お手数でございますが、会場の手配等がございますので、ご出席の場合にはACCS事務局まで、FAX、電子メール等にてご一報いただいた上で、会場にお越しくださいますよう、お願い申し上げます。

                         敬 具
              記

■日  時:平成18年7月4日(火)午後4時00分〜同4時30分
■内  容: 1.事件概要報告
       2.質疑応答 ほか
■場  所:「ACCS会議室」
東京都文京区大塚5-40-18 友成フォーサイトビル5F
■問い合わせ:(社)コンピュータソフトウェア著作権協会
広報室 (電子メール:mailto:accsnews@accsjp.or.jp)
TEL 03-5976-5175  FAX 03-5976-5177
                             以上

(追記)
結局こういうことだったみたい。何だ464.jpと同じようなDQNサービスにダメだししただけか。意外と順当というか無茶なことはしなかったのね。

それにしても朝倉完封めでたい!

| 著作権 | この記事のURI | Posted at 12時16分 |

_EOF_