2006年07月21日(金)

『電子音楽 in JAPAN』の著者田中雄二氏がブログ「POP2*0(ポップにーてんぜろ)」を開設

POP2*0(ポップにーてんぜろ)

「在野の音楽映像快楽探究家」にして、有能な雑誌編集者、そしてテクノポップの生き字引として『電子音楽in JAPAN』や、『電子音楽 In The(Lost)World 』といった名著を書かれた田中雄二氏が、ついにブログを開設。以前から田中さんの持っている知識がウェブ上で共有されて、そこから新しい音楽の「集合知」が生まれていけばおもしろそうだなーと思っていたので、今このタイミングで彼の持つ膨大な記事や知識のアーカイブが公開されるのはベストなんじゃないかと。

いやぁこれだけ濃密な情報がオンラインで読めてしまうのだから、まったく良い時代ですよ。実は田中さんは昔「ホームページ」の形式で、さまざまな記事を公開していたのだとか。しかし、(情報としてニッチなジャンルのものであったということもあったのか)そこからなかなか広がりがなく、結局、ネットでの公開は止めてしまったという経緯があるそうだ。そのあたりの経緯は私が今どきブログを始めた理由というエントリに詳しい。これは20年来様々なカルチャー雑誌の最前線で闘ってきた雑誌編集者が昨今のネット・ブログブームをどのように見ているのか、という意味でも貴重なエントリと言えるだろう。

いろいろな葛藤が彼の中でもあったと思われる。だが、結果として田中さんはブログの可能性を選んだ。それは、やはりブログの持つ情報発信ツールとしての敷居の低さと、自動リンク生成システムによる2.0的つながりの可能性に賭けてみようと思った部分が大きいのではないか。今は、ブログ時代になりPermalinkが当たり前になったこととソーシャルブックマークの隆盛により、良質な記事であればすぐに第一線で勝負できるような環境が整った(そこまで、SBMはコモディティ化してねーよという話もあるかもしれないが、そもそも田中さんの書くような記事に興味があるような人はSBM的なものに対するリテラシーも高くなるんじゃないの、という前提もある)。彼のような人をネットに「戻ってこさせた」という意味で、ブログやソーシャルブックマークには大きな意味があったんだろうなぁと素朴に思う俺ですよ。

とにかく要注目のブログの登場ということでひとつ! 俺ももうちょっとサイト頻繁に更新しなきゃな……。

ちなみに田中さんに「ブログサービスどこがいい?」と聞かれて、迷うことなくはてなダイヤリーをオススメしておいたのはこの僕です! はてな最高!

はてな運営スタッフは一刻も早くこんな人も書いてますコーナーにこのブログを登録するといいと思うですよ。

| サイト紹介 | この記事のURI | Posted at 03時18分 |

_EOF_