2006年12月04日(月)

バンドのIT化にかけられる情熱とコスト

こういう事例(コメント欄参照)を見ていると、MySpaceやYoroZooは安価でIT化にお金をかけられないインディーズバンドのページ作成代行(といっても自分のサービスの機能を使えばいいからそんな手間もコストもかからんでしょ)をどんどんネット使って売り込んで行く、ということをやればいいのに、と思った。

メジャーやセミメジャーの位置にいるインディーだけが音楽ではないし、ボトムアップを地道にやるって視点がITの人たちには欠けてる感じするよね。

| 音楽業界全般 | この記事のURI | Posted at 08時28分 |

_EOF_