2004年11月12日(金)

30〜50代に音楽の魅力を…「LIFE−」プロジェクトが始動

音制連によるプロジェクト。エルダーマーケットへのマーケティング不足はここ数年ずっと言われてきたことで、制作者側が大々的にこういうプロジェクトを行う(きちんと会見まで行ってやる)ことの意味は少なくないと思う。うまい形で結実させて欲しいけど、実はこのあたりの層って、リスニングスタイルが「大人」だとは限らないんだよね。40近くでテクノバリバリ聴いてクラブ行ってるなんて人もいれば、オレンジレンジ聴いてるおっさんなんてのもいるし。多様化したニーズはあるけど、単純にそれがCD購入っていう形につながりにくくなっている部分が大きいような気が。コンテンツの提示戦略を立てるというより、販売チャネルの戦略を考えた方が現実的に数字に結びつくような気はするがどうか。

| コンテンツ戦略 | この記事のURI | Posted at 22時13分 |

_EOF_