2008年04月23日(水)

オリコン烏賀陽裁判の地裁判決文をアップしました

こちらからどうぞ。

判決文(リンク先PDF)

裁判について思うことは、今まで散々このサイトで書いてきたのであまり付け加えることはないです。基本的には僕は烏賀陽さんを支持します。

判決文読むと、結局「今、予約枚数を含めてるのか」ってことが争点になっていて、そこについての証明が難しいことは、前に書いたまとめの通り。

ただ、この点についてもかなり地方の古いお店の集計なんかがいい加減で操作できる余地があるのは弁護士の聞き取り調査でも明らかになってきている(判決文では、弁護士が提訴後に集めた証拠は信用できないという理由で却下されてるけど)。

これまでの雑誌に対する名誉毀損訴訟の判例とかを見る限り、この判決がまったくのデタラメなものだとは思わない(報道をどう捉えるかという配慮はされてないけど、司法がどれだけ判断できるのかという面もあるだろうし)けど、しかしそれにしてもこの訴訟はあらゆる意味でおかしい。

俺自身はジャーナリストや雑誌メディアが書きっぱなしで責任を負わないってのはありえないと思ってる。実際問題として、名誉毀損訴訟で賠償金払っても、それ以上の売り上げを上げられるからという理由でいい加減なことを書くメディアがあることも事実だしね。そういうのは訴訟するなり、メディア使って論戦するなりすりゃいいと思う。ただ、この件については「いい加減なジャーナリストが、事実無根のいい加減な放言をした結果として訴えられた。そんなの自業自得じゃん」みたいなケースではまったくない。少なくとも「事実無根じゃない」ってことは音楽業界に関わっている人ならばみんな多かれ少なかれ知ってるはずだ。

だからやっぱりなんで訴訟なんかしたんだろうな、と今でも思ってしまう。

| 音楽業界全般 | この記事のURI | Posted at 18時38分 |

_EOF_