2005年01月06日(木)

「iTunesは違法」とユーザーが訴訟起こす

何ともアホな訴訟だ。iTunesで買ってきた曲をCD-Rに焼いてそれをリッピングして自分の持ってる携帯プレーヤーに転送すりゃいいだけの話なのに。

その手間が面倒だからわざわざ訴訟を起こした? まぁメディア代が余計にかかるしな。このあたりの選択は難しいところだよね。iTMSはiPodで独占状態を作っているからこそ、あれだけの使い勝手を実現できているし、iTMSで利益出なくてもiPodで回収できるわけで。iTMSの楽曲をオープンにすることでiTMSが単体で利益を上げなきゃいけなくなって、例えば今99セントで買えるものが値上げしたらこういう訴訟をした人は喜ぶのだろうか、みたいな面もあるし。

iTMSに関しては独占がもたらした(これからもたらすであろう)弊害よりも、独占することによって消費者と音楽業界が得られる(得られた)メリットの方が大きいとは思うんだよね。別にえげつないやり方で独占してるわけじゃないし。音楽みたいに代替物が星のように存在するエンターテイメントビジネスの場合、独占したあと価格をつり上げたら、みんな買わなくなるだけだから、Windows、マイクロソフト、OSビジネスと同じような文脈でiTMSの「独占」を語るのはそもそも間違ってるだろう。

| 音楽配信 | この記事のURI | Posted at 18時53分 |

_EOF_