Information
  • 音楽配信メモの更新は終了しました(2002.1.11〜2014.8.23)。

ナタリーってこうなってたのか 表紙

ナタリーってこうなってたのか

大山卓也 著 / 双葉社

ISBN:978-4575307009 / 版型:18.2×12×1.2cm
ページ数:184ページ / 定価:1080円(税込)

▲目次を読む
▲amazon.co.jpで購入


2006年09月11日(月)

13日のアップルの発表会で第6世代iPodの発表がある?

12日午前10時(日本時間では13日午前2時)に催されるアップル新製品の発表会。それに関してこんなフライング(?)情報が出てきたようだ。

4Flix.net offers new plan, notes ‘6th generation Video iPod’(iLounge)
「4フリツクス・ドトネトのプレス・リリスに、第6世代ワィドスクリン・ヴィディオ・アイポドの話が書いてあた」(マク)

米国の動画配信サイト4Flixが新しいサービスのプレスリリースの中でサポートデバイスで「Apple’s 6th Generation 16x9 widescreen Video iPod」と書いてしまったのだとか。現在は消去されてしまった模様。

いやはやどうなることやら。13日の発表会は俺も見に行ってきます。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 12時03分 |

2005年12月12日(月)

iPodが流行っているように見えるのは東京に住んでるから?

iPod Family(SeaUrchinBlues)

Refererから見つけた興味深いネタ。

田舎では携帯オーディオの浸透は遅いようだ。約一年前,iPodを地元の岡山の人たちに自慢したのだが,驚くなかれ,皆口をそろえて「何それ?」である。東京では石を投げればiPodにぶつかるというくらい,電車に乗れば必ずと言っていいほどiPodを見かけるのだが(特徴的なヘッドホンですぐわかる)。大手の電器屋に行ってもUSBメモリーとiPodが同格で売られていた。東京では携帯オーディオだけでひとつのコーナーが設けられているのに。。。

確かにここ1年くらい電車に乗ると明らかにiPodシリーズで音楽を聴いている若者を見かけることが多くなった(ここで電車例を挙げたのは引用部を受けての話であり、あくまで例示の1つでしかないのに、そこに反応する人が多すぎ(地方は車社会だから云々とか、そういう話ではない)なので、一応フォローしておくと、東京では普通に街歩いてても意識してチェックすればiPodを使っている人間をたくさん見かけることができる)。若者だけじゃなく、普通に街歩いてて40〜50代くらいのおじさんが使っているのも見たことがある。もはや完全にポータブルオーディオはiPod(なり、その他のメーカーの携帯デジタル音楽プレーヤー)に変わったんだなぁとひしひしと感じていたのだが、やはりそれはあらゆる情報が集中する東京ならではの現象なのかも知れない。

実際問題として、物流的に日本はとても優れた国ではあるが、IT系の商品というのは地域によって売れる量の差が大きい。ちょっとハイエンドだったりマニアックな商品は四国では売られなかったりするということが平気であるのだ。単純にそういう商品をきちんと売れる店舗やニーズが田舎にはなかったりするし、利益が出るほど売れるという実績がないからメーカーも大都市圏集中で卸していくという部分もあるのだろう。今はそういう商品もAmazonで1クリックで買えるようになってしまったわけで、そういう意味では田舎のIT商品を扱う店舗の空洞化現象(それこそ、ヤマダ電機とかコジマみたいなところしか成立しないみたいな)というのは加速しているのかもしれない。ネットサービスなんかもそうなんだけど、いろいろなものが東京に集中していることは間違いないのだ。まぁこんなこと改めて言うまでもないんだろうが。

俺が使ってるアクセス解析に訪問者の都道府県を分析する機能が付いていて(といっても、ocnとかそういうapのリモートホストに地名が付けられるやつをデータ化しているだけだから、完全に反映しているわけではないんだけど)、それを見ると大体音ハメを見てる人って約3割が東京の人なのね。次いで神奈川、大阪、愛知、埼玉って感じで続いてるけど、それはどれも10%切っててやっぱり東京に集中してるなぁと。

不完全なデータで状況を言い切るってことは俺もあまりしたくないけど、やっぱりこういう音楽配信みたいなある種ネットの先進的サービスに興味持つような人は、東京に集中するって現象はあるのかもしれない。その上で地方は東京人ほどiPodをありがたがってないのかもね、ということもこういう問題を語る上では考慮しなければならないんだろうと。

こういうのもBCNみたいなところが、きちんと従来のポータブルオーディオなんかも含めて全国都道府県別のデータとか出してくれるといいんだろうけどねぇ。

このあたりの地域による「音楽デジタルデバイド」って、きちんと調査した上で文章化しなきゃいけないなとは思っているんだけど、なかなか難しいのよね。実際のところ、俺東京を出ようと思ったことは今までの人生で一度もないわけで……。むしろ俺こそが東京ブロガーと呼ばれるにふさわしい。なんつて。まぁ32年間東京に住んでて麻布十番とか代官山という場所に足を踏み入れたのは今から3〜4年前なんですが!(東京つっても所詮北区出身ですから!)。真面目な話をすると地方といっても、今度アップルストアができる仙台市街部に住んでるような人といまだにISDNしか来ていないような過疎地域に住んでいる(しかし、音楽やらネットやらのカルチャーに興味がありまくりの)若者では全然環境が違うわけで、一概に「地方」で括るのも難しいってこともあるよね。俺自身は両親が東京の出身ではなく田舎出身なので、小さい頃から田舎というところがどういうところかまったく知らないわけではなく、実際に地方に移動した友人などに話を聞いたりすると「文化消費という点では今はAmazonみたいなネット通販あるから、東京と地方はあまり変わらないね。コンテンツに関していえば東京と地方の差ってライブだの演劇だの、そういう興行が打たれるかどうかの違いぐらいしかないんじゃないの?」というような答えが返ってきて(1人だけじゃなく複数の人間から同じようなことを聞いた)、なるほどそういうものかなぇとか思ったりもしてるわけだけど。もちろん彼らはネットが生活インフラとして活用できるというスキルがあるからこそ、そういう「都市部と田舎のカルチャーデバイドはリアルな興行、イベントくらい」って認識になるのかもしれない。

携帯プレーヤーじゃなくて、東京と地方の「音楽デバイド」の話は以前音ハメにちょろっと書いたことがある(まだ過去ログ復旧できてない)。これに対する反応でdkexさんのブログで言及があった。あと、tomozo3さんにも具体的なお返事を頂いた。これらの記事もこういう話を考えるときの参考になると思う。

結構俺は自分では雑誌の原稿やラジオに出演したときとか、シンポジウムに出たときにこういう「東京と地方の差をきちんと意識した上で考えなきゃいけない。東京にいると見えないことたくさんあるよ」的なことを言ってきたつもりなので(まぁそういうのも東京人の驕り的に見られるのかもしれないが、だとすると当事者じゃないと何も物事語れなくなっちゃうの? みたいな話になってくる)、その意味でもこの記事に対する反応は興味深かった。1個のエントリーだけで過去の文脈とか一切考慮されなかったりするのは、ブログ時代だからしょうがないんだけど、難しいものですね。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 04時03分 |

2005年11月22日(火)

ウォークマンAの評判が散々なことになっている件について

Walkman A シリーズについての噂をまとめてみる。

やることなすこと裏目裏目に出るソニー。満を持して登場させたはずのCONNECT Playerも大変みたい。今のネットの空気としてソニー叩けりゃ何でもいいみたいな部分も微妙に影響してるような気はするけど、上のブログはできる範囲できちんと検証も行われてるし、ここ見ておけばウォークマンAがどんなものかは大体わかりそうな感じだね。

ほんと悲惨だなぁ……。もうこのモデルで挽回することは限りなく不可能に近いと思われるので、次モデル作るときは開発中のときとかに呼んでください>ソニーの偉い人

「ここ、こうした方がいいよ」とか全然無料でアドバイスしますから。いやマジで。

うわー、何があっても強力なサポーターであり続けたソニ☆モバさんまで「Good bye」宣言してるよ……。ウォークマンA、どう見ても終了です。本当にありがとうございました。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 22時27分 |

2005年10月15日(土)

アップルの新iPod&動画販売サービスについての解説記事を書きました

「ビデオiPod」のもたらす衝撃(NIKKEI NET:IT-PLUS)

実際に触ってみましたが、多分新しいiPodは買うと思います。液晶大きくなって表示面積大きくなってるのはいいですね。

コラムで書いてないことをフォローしておくと

・外で動画を見るという習慣は定着するか?
昔からこの疑問ってのは常にあるけど、これは人次第じゃないかな、というのが正直なところ。ただ、移動する手段が日本人の場合都市圏では圧倒的に電車になるので、若干その意味では有利なのかもとは思う。オタの人向けに画質にこだわらず毎日更新されるようなオタビデオPodcastingとか、専門的な内容のビデオPodcastingとかが充実してくるといいかもね。いずれにせよ、あくまでiPodのメイン機能は音楽プレーヤーであり、動画機能は「便利な付加機能」に過ぎない。このあたりは現実的な進化をしてると思う。

・PV販売の映像クリエイターの権利
PVの制作は今はホントにケースバイケースで、もちろんきちんと契約書を交わして映像クリエイターに収入がいったり、出演するアーティストのパブリシティー権が確立してるような例もある。特にこの部分に自覚的なのはやはりSMEで、数年前からPV制作時にこのあたりの契約をきちんと盛り込むようにしているらしい(同社内で今は「PV」という呼び方はせず、社員に「ミュージッククリップ」と呼べ、という指令が出ているのだとか)。現在の状況と5年前の状況はまったく違うし、もちろん、日本と欧米でも状況は違うので、そのあたりは考慮していただけると、という感じ。ミュージックビデオは今のところ洋楽しかないが、いずれ日本のアーティストのものも配信するだろう。方針としては全世界20カ国でやるらしいし。ただ、インディーズ向けにも積極的にアナウンスしていたiTMS(音楽)と異なり、ミュージックビデオの方はアップルの方からまだ積極的に話を持ちかけているということはないみたい。メジャーと調整している段階なんじゃないかな。自前でミュージックビデオ販売サービスをやっているSMEやエイベックスは、簡単に「はいはいおたくのインフラに乗りますよ」って訳にはいかないだろうしね。SMEは日本の中でもっとも自覚的にミュージックビデオを販売している会社だけど、iTMSそのものとの相性が悪すぎるからなぁ。ここでも最後まで「抵抗勢力」になりそうね。

・ドラマや映画の配信
日本の場合、ライブドアショックを経て民放各社がネット配信をするみたいな流れになっているが、今回のiTMSにすぐ飛びつくというところは少ないんじゃないだろうか。このあたりのビジネスを本格化させるにはもうちょっと配信する画質を上げた方がいいと思うんだけど、見逃したドラマの筋さえ終えればいいって人はそんなに画質にこだわるわけじゃないだろうし、実際の消費者の感覚がどうなるのかはちょっと今の段階では読めないかな。アップルは公的には絶対サポートしないだろうけど、PSPがアダルトで密かに盛り上がっているように、アダルトビデオPodcastingとかは可能性あるかもね。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 10時13分 |

2005年09月09日(金)

iPod nanoとウォークマンAの比較解説記事を日経に書きました

アップルVSソニー、正面対決【解説】(NIKKEI NET IT+PLUS)

最初ウォークマンAのHDDモデル見たとき「どこのRio Carbonですか、これは?」とか「気合い入りまくった割に韓国製プレーヤーみたいだなー」とか思ったことは秘密ですが、出来自体は思ったより良かったです。ただ、十字キーの操作ボタンが小さいので指大きい人は操作がつらいんじゃないかな。十字キーの操作では曲を探すのに限界があるから春モデルで、いろいろなボタン付けて操作性を改善しようという方向に行ったのかと思いきや、わずか半年でその方向をなかったことにして「携帯電話に慣れたユーザーを意識して」とかいって、ボタン少なくしたのは果たしてどうなのよ? とかいろいろなことを思わざるを得ないのですが、春モデルよりかは売れるんじゃないかなとは思う。いみじくも、ソニーに勤めてる知り合いの人がiPod nanoの発売を見て「完全にこっちが負けてるね」と正直な感想を吐露してたけど、「新ウォークマン」と銘打ってある種社運かけてやったにしては、中途半端だった感は否めない。そういやソニーの発表会で会った某雑誌の編集長(←自他共に認めるソニー信者。当然ネットワークウォークマンも所有し、ATRAC3で大量のライブラリを構築済)は「ごめん津田さん、俺このあとiPod nano買って帰りますわ」って言い残して去っていったな。というか俺に謝られても……。ソニー(´・ω・) カワイソス

やるなら徹底して
・CONNECT Playerは無料ダウンロード可にする
・CONNECT PlayerにPodcastingとネットラジオを聴く機能を搭載する
・CONNECT PlayerにiTunesより音質が良いMP3エンコーダを搭載する
・DRM付きのWMAも転送できるようにしてATRAC3&WMA連合 VS AACという対決構図を作る
・デザインは少なくともCybershotくらいかっこいいものにする
・価格を競合するiPodより1万円安くする
・CONNECT Player、SonicStage、MAGIQLIP2と音楽配信を買う管理ソフトが3つも乱立してるのはユーザーに混乱招くだけなので早く統一する
・時短再生機能は早く直した方がいいよ!
・あとソニーだけに限らないけど音楽プレーヤーのインターフェースでいい加減「長押し」ってのやめようぜ!


とかこれくらいしないとダメだと思うね。正直なところ。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 08時46分 |

過去のニュースへ

_EOF_