Information
  • 音楽配信メモの更新は終了しました(2002.1.11〜2014.8.23)。

ナタリーってこうなってたのか 表紙

ナタリーってこうなってたのか

大山卓也 著 / 双葉社

ISBN:978-4575307009 / 版型:18.2×12×1.2cm
ページ数:184ページ / 定価:1080円(税込)

▲目次を読む
▲amazon.co.jpで購入


2005年07月07日(木)

違法WinMXユーザーとRIAJが平均48万円で和解

WinMXでネットに音楽データ、レコード5社と和解(YOMIURI ONLINE)
ファイル交換ユーザー5人、レコード5社と賠償支払いで和解(ITmedia)
国内レコード会社5社、違法ファイル交換ユーザー5人と和解(Internet Watch)

1人平均48万円の賠償金を支払うことと、今後は行わないとする誓約書を提出することで和解したとか。48万円かー。どうせなら賠償金は5万とか10万円くらいに抑えておいて、「残り30万円分はおまえが聴きたいCD買えよ」って強制するような和解の方が良かったんじゃないのかね。48万円分も被害を出させるようなヘビーな共有ユーザーは音楽への渇望自体はあるわけだしさ。金券屋の換金不可にしてその分ミュージックギフトカード買わせるとかこのシリーズを全部買わせる罰ゲームとか(ゲーム?)どうかね。

| ファイル交換ソフト | この記事のURI | Posted at 03時30分 |

2005年06月30日(木)

Grokster裁判の最高裁判決要旨和訳

MGM v. Grokster P2Pソフト配布事件 合衆国最高裁判決(プログラム関連米国判決集)

プログラム関連米国判決集」を運営している井上雅夫弁理士が、Grokster裁判の最高裁判決要旨の和訳を公開。ややこしい話が多いものの、判示事項(a)で示された「著作権保護を通して創作を支援することと侵害責任を制限することにより技術的イノベーションを促進することの競い合う価値観の間の緊張関係が本件の対象である」という部分がこの問題の本質をよく言い表していると思う。

でも、著作権を保護しないことで生まれる創作支援ってのもあるわけでね。また、技術的イノベーションを促進することで成功できるクリエイターだってたくさんいるわけだ。そのあたりまで加味して議論されなきゃいけないんだろうけど、そうすると結局は「バランスをどこで取るか」っていう結論出そうで出ないお茶濁し的ありきたりな話になっちゃうんだよね。ただ、今回の判決で現在の両者の緊張関係とか、力関係とか、今後動いていく方向などが変化するような気はするね。どのタイミングで手打ちするのが、クリエイター、消費者、コンテンツ制作会社にとって一番利益が最大化するのかねぇ。

| ファイル交換ソフト | この記事のURI | Posted at 09時07分 |

2005年06月28日(火)

Groksterが最高裁で敗訴。著作権侵害認定へ

Grokster, StreamCast Lose(⇒翻訳
Supreme Court Rules Against Grokster!(⇒翻訳
Court Sides With Entertainment Biz In Grokster Case (⇒翻訳
Grokster Loses (⇒翻訳
Grokster voting patterns(⇒翻訳
The Supreme Court's ruling against P2P(⇒翻訳

一番下のZDNetの記事は翻訳を通してもかなりわかりやすく今後の見通しが書いてあって参考になる。上の記事で1つだけ読むなら一番下のやつにするといいだろう。

また、EFFもこの判決に対してさまざまな情報をサイトで提供している。こちらのファイル(リンク先PDF)では、各裁判官のコメントが読めるようだ。

日本語で読める記事も出てきた。

米最高裁、P2P企業の法的責任認める逆転判決(ITmedia)
ファイル交換ソフト「違法性問える」 米最高裁判決(asahi.com)
ファイル交換ソフトに著作権侵害の責任・米最高裁判決(NIKKEI NET)
P2P側2社、「著作権侵害の助長行為」解釈を批判(ITmedia/IDG)
P2P 会社には、著作権侵害利用の責任あり(Japan.internet.com)
米最高裁、P2P企業のGroksterらに著作権侵害の責任追求を認める逆転判決(Internet Watch)
米最高裁,PtoPベンダーに対する著作権侵害の責任追及を認める(IT Pro)
PtoP訴訟、ファイル交換ネットワーク側が敗訴--米最高裁で判決(CNET Japan)
連邦最高裁「違法ダウンロードはP2P企業にも責任あり」(Hotwired Japan)
米最高裁、P2P企業の著作権侵害の責任を問う判断(setoh blog)
PtoP企業敗訴判決--音楽業界関係者は好意的な反応(CNET Japan)
ファイル交換は悪と言い切れるか(CNET Japan)
PtoP有罪判決で期待されるPtoPビジネス利用の促進(CNET Japan)

高裁では無罪になったGrokesterが、最高裁で逆転判決。高裁判決はでは「ファイル交換ソフトウェア自身には罪はない」っていう、世界的な潮流の1つとして語られたけどそこからエンターテイメント業界が押し戻したってことか。ある種の予定調和と言えなくもない。

ただ、元々Groksterは高裁で勝ったというもののかなりギリギリの勝利であったことは事実。また、最高裁では高裁判決そのままにはならないだろうという識者の見方も多かった。そのあたりは城所岩生成蹊大学法学部教授が書いた以下の記事に詳しい。

ソニー・ベータマックス判決を見直す米最高裁(NIKKEI NET)
原審差し戻しか?――P2Pソフト著作権侵害訴訟、米最高裁での口頭弁論を傍聴して(NIKKEI NET)

城所氏は上記記事で最高裁における原審差し戻しの可能性を示唆していたが、結果としてはまさに予想通り。「満場一致」でGroksterの責任を認め、原審へと差し戻されることとなった。

裁判の是非はともかく、Winny裁判への影響も気になるところ。上記2つの城所氏の記事はこの問題を理解するのに非常に役立つと思うので、読んでおいた方がいいでしょう。

しかし5年経った今この議論が示唆するものは非常に大きくなっているんじゃないだろうか。5年も経ったのに、ここで議論されているような本質的な問題は棚上げされたままで、コンテンツを取り巻くインフラだけが様変わりしちゃったような気もするね。

個人的に気になるのは“合法”P2Pネットラジオ(メッセンジャー)ソフトであるMercoraがどうなるかってこと。GroksterとMercoraって提携してたんだよね。

今回は映画業界の強い働きかけでこういう判決になった面はあるだろうけど(彼らにも必死になる理由がある)、音楽業界的にはどうなんだろうね。もちろん、基本的にはこの判決は歓迎なんだろうけど、Sony BMGなんかは既にGroksterがらみでこんなことも始めてるしねぇ。MercoraにしてもSnocapにしても、ようやくコンテンツ業界がP2P(P2P的なコンテンツサービス)に対して「潰す」だけの対応じゃなく、合法的な利用の道も探るようになってきて、全体的な流れとしては良い方向に向かっていたと思うだけに、ちょっとやるせない気持ちはあるなぁ。

ま、iTMSをはじめとする合法ビジネスに道筋が付いてきた今は、コンテンツ業界にとって「Napsterの亡霊」ともいえるユーザー主体で著作権侵害が横行してしまうファイル交換ソフトの息の根を止める千載一遇のチャンスなのかもしれないね。……って書いたらまさにドンピシャな記事がITmediaにアップされましたな。

上で挙げた城所教授がこの判決に対してコメント発表してますね。この判決のポイントは「最高裁は著作権侵害を助長するような行為を罰しただけで、P2P技術そのものを罰したわけではない。技術中立性は貫いた」とのこと。ということは、差し戻し裁判では、著作権侵害の助長行為に争点が移るわけだろうが、これはこれでかなり複雑な問題をはらんでいる気もする。

| ファイル交換ソフト | この記事のURI | Posted at 00時33分 |

2004年11月16日(火)

日本のメジャーレコード会社がファイル交換ソフトユーザーへの個人訴訟を開始

ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザーの発信者情報開示請求手続き開始
エイベックスなど7社、ファイル交換ソフトユーザーの身元開示請求を開始
レコ協加盟7社、ISP8社へ不正アップロードユーザーの情報開示を請求
レーベルが強力な権利を持つ米国とは違い、日本の場合、権利的にそこまで強力なものを日本のレコード会社は持っておらず、RIAAのような「個人訴訟戦略」は成り立たないのでは、という話を音楽業界の関係者に聞いていたこともあったので今回のこれは正直なところ意外。

ITmediaの記事から引用。

レコード協会では、3月からP2Pソフトを利用しての不正アップロードを行っているユーザーに対してインスタントメッセージによる警告を行っており、今年4月にはその警告数は60万、現在では400万件を突破している。

インスタントメッセージによる警告ということなので、WinMXでの送信可能化権侵害への対抗措置ということなのだろう。
「あなたのUpは違法行為です」レコ協の警告メッセージが60万件を突破

ただ、Winnyなんかではアルバムをzipの無圧縮で固めたものがそこそこ広く出回っている現状があったりするわけで、こっちの方は警告すらできないわけだ。Winnyの方はどうするんだろうね。風の噂レベルだと今月「Winnyユーザー」の逮捕があるんじゃないか、みたいな話も聞くけど……。もし仮に「音楽を共有していたWinnyユーザー」が逮捕されたとしたら、いろいろなことが符号してくるね(といってもホントにこれは噂レベルの話なので、実際に逮捕がなくても俺に文句は言わないでくださいね)。

CCCD廃止の流れの中で、違法ユーザーに対しては毅然とした態度で身元開示要求や訴訟をちらつかせて脅していくというのは、違法コピー対策を考えたときに十分選択肢の1つにはなるだろう。でも、これが唯一無二の「正しい回答」だとはとても思えない。特に、レコード会社に対する消費者からの風当たりが強くなっている今のタイミングでやるのはどうなのよ? という部分もある。レコ協加盟社の中で7社しか参加していないというのも、象徴的だ。

もう1つの興味は、違法なファイル交換ソフトユーザーを突き止めた手段がJASRACが開発したJ-MUSEを使って連携したものなのか、それとも外部業者にアウトソーシングしたデータ(レコ協の調査はそういう違法行為を行っているユーザーのIPアドレスなどを調査する専門の会社にアウトソーシングしているはず。映画なんかは既にそうしている)を使ってやっているのかということ。「ACCSやJASRAC、ISPと連携してやっていく」と書かれているが、それぞれで立場は違うし、法的にもかなり微妙な問題を含んでいるので、実際の今回の請求はプロパガンダ的な意味合いが強い(実際に個人への“多額の”民事訴訟が行われることはない)んじゃないだろうかと思う。

| ファイル交換ソフト | この記事のURI | Posted at 17時11分 |

2002年08月22日(木)

ファイル交換ソフトと違法コピーにまつわる陰謀

P2Pファイル交換の「Morpheus」用著作権管理ソリューションがリリース(INTERNET Watch)

そして、MorpheusもAudioGalaxyと同じ道をたどる、と。


「はぁ〜、もうP2Pソフトもいよいよ終わりだな〜」

「やっぱり音楽はきちんとCDを購入しなきゃダメですよね。そのためにCCCDなんてでてきたんだし」

「はぁ〜あ。面倒だけどちゃんと買うしかないのかぁ」

「CCCD……? ちょっと待て、俺たちはとんでもない思い違いをしていたのかもしれないぞ!」

「なんだって、○バヤシ!」

「Napsterが裁判で負け、AudioGalaxyも裁判で骨抜きにされた。今度はMorpheusまで。この調子ならKaZaAやWinMXも時間の問題だろう。だが、P2Pソフトの中で唯一こうした法廷闘争と無縁で、今でも自由に著作権付き楽曲のダウンロードをしているP2Pソフトが1つだけあるだろう?」

「え? 何でしたっけ? えーと(ネットランナーをめくる○ナカ)これだ! iMeshですね!」

「そう。iMeshだ。じゃあ、iMeshを作っているのはどこの国の企業なのか言ってみろ」

「……!? イスラエルですよね」

「そうだ。じゃあ、日本のレコード会社が、なぜかこぞって採用しているCCCDの規格は何だ?」

「……!! イスラエルのMIDBARのCDS200です!」

「その通り。世界中で大問題になっている中、モサドのように地下に潜んで生き残っているP2Pサービスと、そのP2Pによる音楽ファイル流通を防止するために生まれたCCCDの技術がどちらもイスラエル企業のものなんだよ」

「○バヤシさん! 同じくイスラエル企業のICQを買収したAOLは、P2Pの元祖とも言えるGnutellaを作ったNullsoftも買収しています! しかも……Gnutellaを作ったプログラマーの1人、Gene Kan氏は今年の7月に謎の自殺を遂げています!!」

「何だと!? Gnutellaは裁判に巻き込まれた訳でもないのに……。この奇妙な符号は一体なんだ……? まさか、音楽の違法コピー問題はすべてイスラエルのマッチポンプだというのか……!?」

ジリリリリリリ……(←電話)

「はい、少年○ガジン編集部…」

「今すぐ今の調査を止めるんだ。さもないと……どういうことになっても責任は持てない」

「なに? お前は一体誰だ! まさか……S○N○なのか!!」


※この話はフィクションです。

| ファイル交換ソフト | この記事のURI | Posted at 00時00分 |

過去のニュースへ

_EOF_