Information
  • 音楽配信メモの更新は終了しました(2002.1.11〜2014.8.23)。

ナタリーってこうなってたのか 表紙

ナタリーってこうなってたのか

大山卓也 著 / 双葉社

ISBN:978-4575307009 / 版型:18.2×12×1.2cm
ページ数:184ページ / 定価:1080円(税込)

▲目次を読む
▲amazon.co.jpで購入


2002年10月01日(火)

2002-10-01のニュースクリッピング

CD価格めぐり、ソニーMなどに制裁金(ZAKZAK)
RIAA的には寝耳に水っぽい和解だなぁ。日本の半分くらいの価格でCDが変える米国で「消費者が不当に高いCDを買わされていた」ねぇ……。ま、再販制度がある日本じゃ意味ないけど、CDがなぜ売れないのかっていう1つの資料としては有効だよね。別に高くてもCD買いますよ。高い買い物でいいから、安心して買えるもん売ってください。

Retro Game Music Streaming Radio
85年〜96年のレトロPCゲームミュージックをSHOUTcastを使って配信するネットラジオ局。こうしてみると、古代祐三は芸歴長いねぇ。

Liquid Audio、MSに特許売却(ZDNet)
米Liquid Audio、デジタル音楽配信技術の特許をMicrosoftに売却(INTERNET Watch)
MSは本気で音楽メディアのデファクトを狙ってるみたいね。前発表されたMS製のCCCDって、コピーガード部分にマクロビジョンのSafeAudio、WMA埋め込みの部分にMIDBARのCDS、それらを組み合わせて作る技術らしい。でも、これでRedbook規格内なんて本当に実現できるのだろうか。そういえば、そろそろ発表されるというウワサが絶えないSME(ビクターも?)のCCCDに使われるであろうKey2Audioは、コア部分はSafeAudioの技術が使われていたような気が。あ、ここに記載がありますね。SafeAudioはCDSよりかは評判いいみたいだけど、マクロビジョンものって、画質への悪影響が取りざたされることが多いし、ガードとしての強度も低いから、最悪グダグダなものになっちゃう可能性もあるよね。やっぱソニーとPhillipsが新しい規格作るしかないんだろうけど、ほかのメーカーは追随したくないだろうしなぁ。そういう意味で、今のMSの立ち位置って凄く美味しいところにいる気がする。

米国の音楽業界、有名アーティストを起用した違法ダウンロード撲滅キャンペーン(INTERNET Watch)
なんかいちいちこういうニュースにコメントを付けるのが馬鹿馬鹿しくなってきた。ネタはあれども新鮮味が欠如してくるってのはサイト運営における重要なファクターですね。

アップル、音楽制作ソフト『Logic』のウィンドウズ版提供を打ち切る(HotWired)
長年のMacユーザーのWindowsユーザーに対する怨恨が最後に吹き出していていい感じ。

Britneyが鼻糞声でウンコをもらす時(mp3 Hollywood)

NMRC、「歌手名の利用は侵害ではない」(mp3 Hollywood)

Intertainer、大手映画会社を提訴(mp3 Hollywood)

| この記事のURI | Posted at 00時00分 |

2002年09月30日(月)

2002-09-30のニュースクリッピング

THE RECORD 2002年9月号(日本レコード協会)
レコ協が出している機関誌がPDFで見られます。結構今回は興味深いデータ多いですよ。

著作権者に「防衛措置」を認める法案、公聴会で検討(Japan.internet.com)
どっちの意見ももっともな部分があって難しいですね。ちなみにこの人、KNWTさんが調べたところによると、この、James Sensenbrennerっていう共和党の議員、例のネットラジオ楽曲使用料の支払いを6ヶ月後に伸ばす法案を提出したとのこと。スタンスの問題ってことでしょう。

| この記事のURI | Posted at 00時00分 |

2002年09月26日(木)

2002-09-26のニュースクリッピング

「着メロサイトの歌手名利用はパブリシティ権侵害ではない」──NMRCが表明(ITmedia)
儲かってるところから金を取りたいってのは、どこも同じですなぁ。

レコード業界の攻撃を巧みにかわすファイル交換サービス『カザー』(HotWired)
もうISPへの恫喝しか道はないのか。

RealOne 2.0の正式版がリリース(Japan.internet.com)
つーか、重すぎ>RealOne Cerelon 433MHzのマシンだとお話にならなかった。Windows Media Player7より重いぞ。

【映画の都 ハリウッドビジネス裏事情】パブリックドメインとは?(その1)
【映画の都 ハリウッドビジネス裏事情】パブリックドメインとは?(その2)
パブリックドメイン的観念が一番進んでるのってやっぱり、現在ではPCソフトになるのかね。強大な力を持っているところほど、それに反発する力も大きくなるんだろうな。米国であったり、MSであったり。

米アップル,ネットワーキング技術「Rendezvous」をオープン・ソース化(ITpro)
こういう早い段階で決断できるトップがいるのはいいね。的確な戦略だと思います。

| この記事のURI | Posted at 00時00分 |

2002年09月25日(水)

2002-09-25のニュースクリッピング

『ボン・ジョヴィ』の新プログラムは海賊版阻止に有効か?(HotWired)
ウェブを使った新しいコピー防止CDが登場!……かと思ったら要するにConnectDみたいなもんか。でも、付加価値でCDを売るっていうのは真っ当なやり方だよね。いろいろな付加価値があっていいし、フル試聴なんてのは、リスナーにとって一番いい形の付加価値だと思うんだけどねぇ。

60秒の沈黙と4分33秒が和解(スラッシュドット ジャパン)
「相当額の和解金」が気になる……。昔サンレコでやってたジョン・ケージとかスティーブ・ライヒとかの現代音楽を解説する連載が面白かったなぁ。

Newest Interview:Napjunk One on One with Joel from FileNavigator! (Napjunk)
元々Napsterクローンとしてスタートし、現在は独自のP2Pプロトコルを搭載(OpenNapへの接続も可)してファイル交換を実現している(まぁ要するにWinMXと同じ道を辿ったということ)FileNavigatorの開発者インタビュー。スパイウェアの話や、RIAAに対する話、将来バージョンで採用される機能の話など、いろいろと興味深いインタビューになってます。

CDレンタル店調査 2002年度(日本レコード協会)
明らかに違法コピーの「温床」となってるレンタル店の調査でも、結果分析で一切プロパガンダなしですか。いろいろと辛いところですね。

| この記事のURI | Posted at 00時00分 |

2002年09月24日(火)

2002-09-24のニュースクリッピング

【藤本健の週刊 Digital Audio Laboratory】Windows Media Audio 9の実力〜 WMA最新版のエンコード能力を探る 〜(AV Watch)

インフォシーク、マルチメディアファイルの検索機能を本格運用開始(INTERNET Watch)
これ、ベータ版のときから使ってますけど、同種のサービスよりデッドリンク少なくていい感じですよ。

「無料」でも「黒字」のわけ――新作マンガのネット配信(日経B2O)
難しいことなんか考えなきゃいいんだよね。ネットで直接金を稼ぎだそうとするからうまくいかないんであって、現実に稼いでいる手段をより活性化させるためのツールとしてネットを使えばいいだけの話。面倒なシステム構築なんて余計に金かかるだけ。オルタナティブじゃなくて、もっとシンプルな可能性を探ってみては。

大ヒット「大きな古時計」、印税の行方(ZAKZAK)
ZAKZAKにしてはなかなか目の付け所がシャープだ。

RioPort、Warner所属アーティストの楽曲をオンライン販売(ZDNet)
99セントってのは割と現実的な料金かも。試聴感覚で買えるし。でも、聴き放題モデルの方がいいと思うんだけどね。日本のRioPortに何らかの影響はあるんでしょうか。

レーベルの逆鱗に触れる? Kazaa新版リリース(ZDNet)

さらに、レコード会社がファイル交換ネットワーク妨害のためにアップロードしている壊れたファイルや名前の違うファイルを検知する機能も搭載しており、こうした機能が音楽/映画業界の逆鱗に触れることは必至と見られている。

つーか、そんなことやってたのかレコード会社。暇だねぇ。可哀相なのはそんな仕事の担当にさせられた人。音楽を作りたいからレコード会社に就職したんだろうに。それともバイトでも雇ってやらせてるのかしらん。

音楽世界旅行〜Part 3 Тату〜ロシアより愛をこめて(All About)
普段テクノとか音楽に興味のなさそうな層まで巻き込んでブームを起こしている(?)ロシアの女子高生テクノポップユニットの紹介。

| この記事のURI | Posted at 00時00分 |

過去のニュースへ

_EOF_