Information
  • 音楽配信メモの更新は終了しました(2002.1.11〜2014.8.23)。

ナタリーってこうなってたのか 表紙

ナタリーってこうなってたのか

大山卓也 著 / 双葉社

ISBN:978-4575307009 / 版型:18.2×12×1.2cm
ページ数:184ページ / 定価:1080円(税込)

▲目次を読む
▲amazon.co.jpで購入


2005年12月12日(月)

iPodが流行っているように見えるのは東京に住んでるから?

iPod Family(SeaUrchinBlues)

Refererから見つけた興味深いネタ。

田舎では携帯オーディオの浸透は遅いようだ。約一年前,iPodを地元の岡山の人たちに自慢したのだが,驚くなかれ,皆口をそろえて「何それ?」である。東京では石を投げればiPodにぶつかるというくらい,電車に乗れば必ずと言っていいほどiPodを見かけるのだが(特徴的なヘッドホンですぐわかる)。大手の電器屋に行ってもUSBメモリーとiPodが同格で売られていた。東京では携帯オーディオだけでひとつのコーナーが設けられているのに。。。

確かにここ1年くらい電車に乗ると明らかにiPodシリーズで音楽を聴いている若者を見かけることが多くなった(ここで電車例を挙げたのは引用部を受けての話であり、あくまで例示の1つでしかないのに、そこに反応する人が多すぎ(地方は車社会だから云々とか、そういう話ではない)なので、一応フォローしておくと、東京では普通に街歩いてても意識してチェックすればiPodを使っている人間をたくさん見かけることができる)。若者だけじゃなく、普通に街歩いてて40〜50代くらいのおじさんが使っているのも見たことがある。もはや完全にポータブルオーディオはiPod(なり、その他のメーカーの携帯デジタル音楽プレーヤー)に変わったんだなぁとひしひしと感じていたのだが、やはりそれはあらゆる情報が集中する東京ならではの現象なのかも知れない。

実際問題として、物流的に日本はとても優れた国ではあるが、IT系の商品というのは地域によって売れる量の差が大きい。ちょっとハイエンドだったりマニアックな商品は四国では売られなかったりするということが平気であるのだ。単純にそういう商品をきちんと売れる店舗やニーズが田舎にはなかったりするし、利益が出るほど売れるという実績がないからメーカーも大都市圏集中で卸していくという部分もあるのだろう。今はそういう商品もAmazonで1クリックで買えるようになってしまったわけで、そういう意味では田舎のIT商品を扱う店舗の空洞化現象(それこそ、ヤマダ電機とかコジマみたいなところしか成立しないみたいな)というのは加速しているのかもしれない。ネットサービスなんかもそうなんだけど、いろいろなものが東京に集中していることは間違いないのだ。まぁこんなこと改めて言うまでもないんだろうが。

俺が使ってるアクセス解析に訪問者の都道府県を分析する機能が付いていて(といっても、ocnとかそういうapのリモートホストに地名が付けられるやつをデータ化しているだけだから、完全に反映しているわけではないんだけど)、それを見ると大体音ハメを見てる人って約3割が東京の人なのね。次いで神奈川、大阪、愛知、埼玉って感じで続いてるけど、それはどれも10%切っててやっぱり東京に集中してるなぁと。

不完全なデータで状況を言い切るってことは俺もあまりしたくないけど、やっぱりこういう音楽配信みたいなある種ネットの先進的サービスに興味持つような人は、東京に集中するって現象はあるのかもしれない。その上で地方は東京人ほどiPodをありがたがってないのかもね、ということもこういう問題を語る上では考慮しなければならないんだろうと。

こういうのもBCNみたいなところが、きちんと従来のポータブルオーディオなんかも含めて全国都道府県別のデータとか出してくれるといいんだろうけどねぇ。

このあたりの地域による「音楽デジタルデバイド」って、きちんと調査した上で文章化しなきゃいけないなとは思っているんだけど、なかなか難しいのよね。実際のところ、俺東京を出ようと思ったことは今までの人生で一度もないわけで……。むしろ俺こそが東京ブロガーと呼ばれるにふさわしい。なんつて。まぁ32年間東京に住んでて麻布十番とか代官山という場所に足を踏み入れたのは今から3〜4年前なんですが!(東京つっても所詮北区出身ですから!)。真面目な話をすると地方といっても、今度アップルストアができる仙台市街部に住んでるような人といまだにISDNしか来ていないような過疎地域に住んでいる(しかし、音楽やらネットやらのカルチャーに興味がありまくりの)若者では全然環境が違うわけで、一概に「地方」で括るのも難しいってこともあるよね。俺自身は両親が東京の出身ではなく田舎出身なので、小さい頃から田舎というところがどういうところかまったく知らないわけではなく、実際に地方に移動した友人などに話を聞いたりすると「文化消費という点では今はAmazonみたいなネット通販あるから、東京と地方はあまり変わらないね。コンテンツに関していえば東京と地方の差ってライブだの演劇だの、そういう興行が打たれるかどうかの違いぐらいしかないんじゃないの?」というような答えが返ってきて(1人だけじゃなく複数の人間から同じようなことを聞いた)、なるほどそういうものかなぇとか思ったりもしてるわけだけど。もちろん彼らはネットが生活インフラとして活用できるというスキルがあるからこそ、そういう「都市部と田舎のカルチャーデバイドはリアルな興行、イベントくらい」って認識になるのかもしれない。

携帯プレーヤーじゃなくて、東京と地方の「音楽デバイド」の話は以前音ハメにちょろっと書いたことがある(まだ過去ログ復旧できてない)。これに対する反応でdkexさんのブログで言及があった。あと、tomozo3さんにも具体的なお返事を頂いた。これらの記事もこういう話を考えるときの参考になると思う。

結構俺は自分では雑誌の原稿やラジオに出演したときとか、シンポジウムに出たときにこういう「東京と地方の差をきちんと意識した上で考えなきゃいけない。東京にいると見えないことたくさんあるよ」的なことを言ってきたつもりなので(まぁそういうのも東京人の驕り的に見られるのかもしれないが、だとすると当事者じゃないと何も物事語れなくなっちゃうの? みたいな話になってくる)、その意味でもこの記事に対する反応は興味深かった。1個のエントリーだけで過去の文脈とか一切考慮されなかったりするのは、ブログ時代だからしょうがないんだけど、難しいものですね。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 04時03分 |

2005年12月07日(水)

探偵ファイルの煽り記事だけど

CD売上の水増し発覚!その手口をここに公開する(探偵ファイル/スパイ日記)

そこそこ話題になってる記事だけど、気になるのはここの部分。

ということで、少しでもアーティストの順位を上げるために、“あらゆるレコード店を巡回し、その店ごとに同一のCDを大量に買い込む”という仕事がこの世には存在するのだ。

もちろん違法行為である。

ってあるけど、これが違法行為? 違法行為っていうなら具体的にどの法律に違反しているのか書けばいいのにね。

こんなの音楽業界だけじゃなくて、出版業界でも普通に行われてるよ。出版の場合、書店の注文員が午前中にAmazonのランキング見て注文したりするので、それを逆手にとってランキングが反映される前の午前6時から9時くらいに大量(っていっても数十冊も買えば1〜2桁くらいまではアップする)に版元関係者が買ったりしてる。つか俺も音殺出たときは自分で午前中に10冊くらい買ったりしたよ!(結局1回しか増刷されなかったけど)

ま、上であげた事例は出版界のごく一部で行われてる特殊な事例ではあるけど、こういうことが普通に行われていたって別におかしくはないよね。それも宣伝の一環っちゃ一環だろうし。

大体表向きは公正なチャートを提供しなきゃいけないはずのオリコンが、音楽の直販である音楽配信サービスやる時代なんだから、もはやそんなの何でもアリですよ。視聴率が意味をなくしつつあるのと同じでチャートだってどれだけ意味があるのかって話でしょ。

| 音楽業界全般 | この記事のURI | Posted at 01時59分 |

2005年11月24日(木)

俺のソニー遍歴

俺ぐらいの世代にとってソニーというブランドは多くの人にとって憧れの対象だったはずだ。

中学生の頃、ウォークマンが欲しくて量販店に行ったらウォークマンは明らかに他のメーカーが作ったパクリ商品よりかっこ良かったし、価格的にも高かった。ソニー商品には手が出なかった俺はしょうがないので近所のディスカウントストアにあった台湾メーカーの3000円のリモコンすら付いてないヘッドホンステレオを買って、ウォークマンがもたらした「移動中に音楽を楽しむ」ことの素晴らしさを知ることとなる。

初めてCDを再生できるラジカセを買ってもらったのは、高校受験に受かった日のことだ。秋葉原でいろいろなラジカセを物色し、本当はソニーのドデカホーンが欲しかったが、ドデカホーンより1万円くらい安いPanasonicのCDラジカセ(RX-DT70)を買ってもらった。PanasonicのCDラジカセは大学に入るくらいまで現役で活躍し、とても丈夫だった。

中学から高校生にかけて、移動中に音楽を聴くのはもっぱらヘッドホンステレオだった。さすがに3000円のものはへぼかったのでもう少し良いものが欲しかったのだ。その頃ソニーから国内で初となるウォークマンのワイヤレスモデル(WM-505)が発売された。面倒な配線をすっきりなくせるワイヤレスウォークマンはやはり俺にとって憧れの対象だったが、中学生には高い買い物であった。それでもワイヤレスのウォークマンが欲しかったので、なけなしのお年玉をはたいてシャープから出ていたワイヤレスのヘッドホンステレオ(これもソニーより1万くらい安かった)を買った。

高校生になって自分でバンドをやったりするようになって、どんどん音楽にのめりこんでいった。良くなかったのは受験生になってゲーム機を全部押し入れにしまってしまったため、趣味が音楽しかなくなったことだ。その頃俺はレンタル→テープにダビングということでなく、レコファンやディスクユニオンなど中古CD屋巡りの魅力に取り付かれる。高校時代まったく勉強しなかった俺は順調に浪人し、それがまた音楽への傾倒に拍車をかけた。一番良くなかったのは「レコードマップ」を買ったことだろう。俺は予備校にもろくに通わず、授業を適当にふけて毎日予備校があった高田馬場の中古屋を一通り回り、その後新宿→西新宿→渋谷→池袋と毎日30軒ぐらいずつ中古CD屋やWAVE、ヴァージンメガストアなどを巡回してCDを買いまくった。そうなると移動中に音楽を聴くため、今度はポータブルCDプレーヤーが必要になる。俺は量販店に行ってCDウォークマンを買おうと思った。CDウォークマンを初めて世に出したソニーの製品はやはりかっこ良かったし、なんか音質も良さそうだった。だが、CDを買うことに取り付かれていた俺はここでもソニーのCDウォークマンではなく、それより5000円くらい安く、電池の持ちも良かったPanasonicのポータブルCDプレーヤーを選ぶことになる。「5000円あれば中古CDが3〜4枚買えるな」という思考になっていたからだ。

大学に入って何年か経ち、サークルの先輩からソニーのミニコンポステレオシステムである「ピクシー」をタダで譲ってもらえることになった。そう、俺が中学生とか高校生のとき、(民生用機器としては)音の良さでずっと高級感を醸し出してたアレだ。ピクシーはとても良い音で俺が好きなロックを鳴らしてくれた。「あぁやっぱりソニーは違うなぁ」という気分を十分に堪能できた。うれしかった。

結局、ここまでで俺はソニーのオーディオ製品を1つも買っていないわけだが、今思えば買っていなかった(シャープや松下やサンヨーのように気軽に買える商品でない)からこそ、ソニー商品への憧れが深くなっていったような気もする。俺ら団塊Jr.世代は一部のひねくれ者やリッチマンを除いてみんな本当はソニー商品が欲しいけど、松下やサンヨー、シャープで「我慢」していたのだ。

高校時代からライターになりたかった俺は就職活動はいくつかの出版社だけに絞って行った。筆記試験は全部通った。最終面接まで残った出版社もいくつかあった。だが、結果的にはことごとく面接で落とされた。人間性を否定されたようにもなって多少落ち込んだが、彼女のツテでIT系のライターさんがやっている事務所(その後編プロになる)にバイトとして拾われた(あそこで拾われてなかったら今頃俺はニートになっていたかもしれない。社長には本当に感謝している)。結果から言うと大学は4年で卒業できなかったので就職活動でどっかの出版社から内定もらってもしょうがなかったのだが(笑) 週1で大学に行きつつ編プロでライター仕事をするようになり、給料をもらえる身分になった。

そして俺はようやくソニーの製品を何のためらいもなく買えるようになった。

俺がライターとしてデビューした1997年、ソニーがMSX以来となるパソコン事業に参入した。発売当初のデスクトップこそパッとしなかったが、10月に今のモバイルノートの方向性を革新的に変えたと言っても過言ではない「PCG-505」が発売される。あれを見たとき、ソニーという企業の底力を感じた。未来を感じさせる電源投入時の起動音、紫の斬新なデザイン。これでもかと主張する本体上部のVAIOロゴ。すべてが新鮮だった。

当時、モバイルをする習慣がなかったので俺は結局505を買うことはなかったが、その後IT系の雑誌でライターをやっている中でソニーというメーカーの影響力が大きくなっていくところを目の当たりにした。パソコン部門でNECを抜いてシェアトップに躍り出たときは自分のことのようにうれしかったことを覚えている。ソニーがパソコンでシェアトップに躍り出た頃、ちょうどインターネットの人口も爆発的に増えていたが、その頃は「ソニーがやってるプロバイダだから」という理由でSo-netを選択する女の子も多かった(PostPetの影響もあっただろうが)。それくらいネットの世界でもソニーは「ブランド」だったのである。

その後、編プロから独立したり、取材などが多くなるに連れてノートPCが欲しいと感じるようになった。ちょうどその頃発売されたのが「スタミナ」が売りの初代SRノートだ。発表を見て「これだ!」と思った俺は長時間バッテリーと一緒にSRノートを購入する。決して安い買い物ではないが、SRノートは取材時や外出先での仕事に大活躍した。

パソコンはどうしても陳腐化が早いので、その後いろいろノートを買い換えることになる。レッツノートやLOOXなどを買ったこともあったが(ポリシーがないようだが、ソニーだけでなく俺は松下電器という企業も大好きなのだ)、今こうして振り返ってみると買ったノートパソコンで一番多いブランドはVAIOである。会社で使っているパソコンは自作マシンだが、自宅で使っているデスクトップはここ3年くらいずっとVAIOだ。3年前に買ったVAIO Zの初代モデルはいまだに現役で使っている素晴らしいパソコンだし、最近購入したVAIO Tの最新モデルは毎日持ち歩いている。今まで10台近くノートPCを購入してきたが、必ず「あちらを立てればこちらが立たない」というような感じで買った製品には何らかの不満を持っていた。VAIO Zはパフォーマンスと液晶の大きさは素晴らしかったが、取材に持って行くには重すぎた。今俺が使っているVAIO Tはこうした「なにかしら感じる不満」が一切ない素晴らしいパソコンだと思う。バッテリーの持ちはとてもいいし、キータッチも悪くない。液晶もキレイだし、パフォーマンスも良い。それでいて軽い。しかも安い。このノートがあまり注目されておらず、ソニーはシェア的にもかなり厳しい状況ではあるが、このVAIO Tに関してはもっともっと評価されてしかるべきだと思っている。モバイルはもう当分これだけでOKという気分だ。

そうだテレビテレビ。テレビを忘れていたよ。俺の世代で言ったら「ソニーといえばトリニトロンテレビ」なのだ。家電量販店にいったらテレビ売り場では必ずソニーが一番でかい面をしていたし、圧倒的に画面がキレイだった。俺は大学時代まで70年代に製造された古いダイヤル式のテレビを使っていたので、自分でテレビを買うときは絶対にソニーと決めていた。結局初めての買う機会は独立して会社を作るとき(1999年)だったのだが、ちょうどその頃はフラットテレビがたくさん出てきてるときで、俺は悩む間もなく25インチのWEGAを買った。もちろん大満足であったことは言うまでもない(出たての頃と違ってフラットテレビが定着してたから安かった。6万くらいじゃなかったか)その後会社を引っ越すときに25インチWEGAを自宅用にし、30インチのWEGAを買い直した。パソコン用モニタも、ソニーが一番だった。俺はこういう仕事をしていながらもまだ裸眼で1.2くらいはある。しかし、目を悪くしないため画質に関しては徹底的にこだわってきた。といってもビデオカードをMatroxにしてディスプレイケーブルをEIZOの8000円くらいのやつにしているくらいだが。ディスプレイは当初EIZOなども試したのだが、Matroxとの相性がいまいち悪かったのでCPD-G500にした。CPD-G500はまったく不満なく(3年使ったら一度写らなくなり修理、5年使ったら再度修理。そして現在は三度故障し、まったく写らなくなったが、それでも素晴らしいディスプレイだった)、次に買うのもソニーにしようと思った。そんな折GDM-F520が発売されたので、奮発してこれを購入し、仕事用のメインディスプレイにした。現在でも現役で稼働して今まさにその画面を前にしながら文章を書いているわけだが、結構もう最近動作が不安定で修理に出して使うか、それともいい加減液晶に変えるか迷っている。ソニーがPC用ディスプレイから撤退しなければ、FDトリニトロンの最新機種を買っていたのに! 返す返すも残念である。テレビの話に戻れば、俺はいつか自分で家を建てることがあったらリビングに「グランドWEGA」を置こうと真剣に心に決めていた。この前自宅で使っているプラズマ(ソニーではなくビクターのやつだ)が故障したので、新しいの買おうかという話になった。しかし、残念ながら俺の選択肢にソニーはなかった。「今買うなら松下しかないよな」と考えていた。結局プラズマはパネルの不良で無償修理してもらったので買い換えることはなかったが、自分の中でテレビを買おうと思ったときに「ソニーを買う」という選択肢がなかったことに驚いた。

さて、話をオーディオに戻そう。俺はソニーが発売してきた各種の携帯デジタル音楽プレーヤーには一度たりとも食指が動くことはなかった。1999年の初代ネットワークウォークマンが発売されるときは開発者の人に取材に行ったりもした。パソコン雑誌のレビュー記事でソニーの携帯デジタル音楽プレーヤーのレビュー記事を書いたりもした。その際SonicStageの前身であるOpenMG JukeboxをインストールしてOSが激不安定になり、再インストールさせられるハメになったりもしたが、それでも99年からずっと俺は「いつかソニーが音楽好きの俺にぴったりマッチする素晴らしいソニーならではの携帯デジタル音楽プレーヤーを発売してくれる」という期待を持っていた。

しかし、6年が経った今でもそれは実現されず、それはソニーではなくアップルというメーカーから発売されてしまった。

ソニーの携帯デジタル音楽プレーヤーにまったく心が惹かれなかったかというと嘘になる。NW-HD1は初めてソニーの携帯デジタル音楽プレーヤーと買っても良いかと思った商品だ。しかし、ATRAC3にこだわる仕様や大量に楽曲を入れたときに探しづらいインターフェース、その他さまざまな不満点が俺を購入させるまで至らせなかった。何よりも俺はNW-HD1発売時、3台目となるiPodを持っていた。iPodを捨ててまで乗り換えるだけの価値を提示してくれなかったというシンプルな話だ。

ソニーレコードもずっと俺は大好きなレコード会社であった。高校時代バンドを始めたとき、最初は当たり前だがコピーバンドだった。コピーしたのはユニコーンや爆風スランプ、佐野元春、米米クラブ。よく考えてみたらどれもソニーだ。浪人が決定したときやけくそで友人と宍戸留美のコピーバンドをやったこともあるがあれだってソニーミュージックだ。もちろんリスナーとしてはEPIC25のサイトで紹介されているようなアーティストは欠かさず聴いていた。間違いなく俺は「丸山チルドレン」の一人なのである。

だからこそ、好きだったSMEがCCCDに対して静観の構えを見せていたときは内心うれしかった。頼むからSMEだけは最後までCDで押し通してくれとも思っていた。しかし、レーベルゲートCDでそれは裏切られることになる。

レーベルゲートCDや、Sony BMG問題。そして数あるソニーのさまざまな「ネタ」を見せつけられ、そうした様々な事象をライターという立場で「論評」することになった今でも、俺の中にはまだまだ「ソニーはまだ何かやってくれるんじゃないか」という期待感がある。エアボードが示した世界観やそれを究極に押し進めたPSP+ロケーションフリーにはまだまだ限りない可能性を感じるし、もうほとんどダメになった次世代CDでも、ハイブリッドSACDがもっともっと普及して欲しいとも思っている。

いつだってソニーは革新的で新しい「価値観」を提示してくれる企業だった。「目の付け所」だけで言ったらシャープなんかよりずっとシャープだったのだ。

俺ごときが心配したところでどうにかなる問題ではないが、それでもソニーには元気な存在でいてもらいたい。早くiPodを捨てさせるような携帯デジタル音楽プレーヤーを出して欲しいし、魅力的なコンテンツを活かしたネットサービスを展開し、まったく新しいコンテンツ体験をさせて欲しい。

この期に及んだ今だからこそ俺は、ソニーに最大限のエールを送りたい。あぁここまで書いてよく分かった。俺はソニーという企業が大好きなのだ。

| 小ネタ | この記事のURI | Posted at 08時28分 |

2005年11月22日(火)

JASRACシンポジウムでしゃべってきました

ブロードバンドコンテンツの普及に向けた権利面の課題とは(Internet Watch)

それぞれ立場があまりにも違うのでディスカッションとしては論点があちこちに行ってしまいがちで、コーディネーターの大渕先生は大変だっただろうなーと思いますが、このInternet Watchの記事はすごいですね。よくあのとっちらかったシンポジウムをここまできれいな記事にまとめられるもんだと感心しました。

記事の中での俺の発言で

「現状のJASRACの規定では、Podcastingはストリーミングではなくダウンロードという扱いになり、課金が青天井になってしまう。iTunes Music Storeのような楽曲のダウンロード販売では1曲いくらという課金も理解できるが、Podcastingのようなものについては課金の上限を設けてもいいのではないか」

ってところがあるけど、実際にはこれは具体例を挙げて説明した。J-WAVEというFMラジオ局でよく放送中に流れる「エィティーワンポインスリー〜ジェーイウェーブ♪」というジングルがあるんだけど、あれはJASRACに登録された「楽曲」扱いになっている(ここらあたり見ると、ジングルが着うたとして販売されてたりするから当然といえば当然なんだけど)。

で、J-WAVEはPodcastもやっているんだけど、Podcastではこのジングルを使うことができない。いや厳密には使えるのだが、Podcastはダウンロード扱いになってしまうため、JASRACの利用規程では1ダウンロードにつき6.6円または5.5円の利用料をJASRACに払わなければならないのだ。J-WAVEのPodcastが広告が付いているかどうかはわからないけど、仮に広告料収入なしで5.5円だとして、Podcastに1万人の登録者がいたとしよう。Podcastは新しい番組がアップロードされたら自動的にダウンロードされる仕組みになっているから、1日1番組アップロードしたら、毎日1万のダウンロードがあるわけだ(厳密には違うが、ここでは話をわかりやすくするためそう仮定する)。で、利用料金を計算すると、毎日5.5円×1万=5万5000円の料金がかかる(一日複数番組をアップロードしたり、ダウンロード数がもっと大きければ当然その金額は青天井で増えていく)。1日5万5000円といったら、10日で55万円、1カ月で約165万円。1年で考えれば約2000万円利用料金をJASRACに支払わなければならないということになる(無料で作ってる番組なのに月200万円近く払わなきゃいけないなんて馬鹿げてるにも程がある)。こうした制度上の問題があるため、J-WAVEが制作した楽曲でもPodcast上ではJ-WAVEが自由に使うことができないのだ。iTMSとかMora、着メロ、着うたみたいな楽曲ごとに課金(著作権処理)が必要なサービスでは、都度課金っていうのは当然あってしかるべきだけど、このように制作者がある種プロモーション目的で「無料」で配信するようなケースは、一律「ダウンロード」という形でくくるんじゃなくて、毎月の上限額を決めるなりして対応した方がいいんじゃないの? そうしないといつまでたっても音楽業界のPodcast利用は進まないよ、という趣旨で発言したということです。

それにしてもこのシンポジウムの反応でこういうのが多いわけだけど、あまりの理解力のなさに笑ってしまう。この件に関しては他ならぬ高橋氏(テレビ局側の人)が「JASRACが真っ先に交渉に応じてくれ、1.35%という数字が決まった。これがなかったら、作業はもっと困難だっただろう」と言っているのにね。

まぁ彼らはJASRAC叩けりゃ何でもいいんだろうけど。事実がどうあれそこまで嫌われるだけのことをJASRACはしているってことなんだろうね。結局はJASRACの広報宣伝戦略が貧弱だってことになるのかも。

ただ、叩く側も単にヒステリーみたいに叩いても彼らには絶対言葉は届かないってことをいい加減認識すべきだ(「カスラック」とかそういう蔑称使ってる奴は問題外な)。JASRACがおかしいことはきちんとソース出しておかしいって言っていけばいいけど、音楽業界にはJASRACよりレコード会社の方がおかしいがために進まない部分とかもたくさんあるんだから、せめてそういうのはきちんとレコード会社叩くようにしなきゃいけない。消費者の方もそういうところからきちんとリテラシー上げて行かなきゃいつまでたっても状況変わらないよ。

| 音楽業界全般 | この記事のURI | Posted at 23時48分 |

ウォークマンAの評判が散々なことになっている件について

Walkman A シリーズについての噂をまとめてみる。

やることなすこと裏目裏目に出るソニー。満を持して登場させたはずのCONNECT Playerも大変みたい。今のネットの空気としてソニー叩けりゃ何でもいいみたいな部分も微妙に影響してるような気はするけど、上のブログはできる範囲できちんと検証も行われてるし、ここ見ておけばウォークマンAがどんなものかは大体わかりそうな感じだね。

ほんと悲惨だなぁ……。もうこのモデルで挽回することは限りなく不可能に近いと思われるので、次モデル作るときは開発中のときとかに呼んでください>ソニーの偉い人

「ここ、こうした方がいいよ」とか全然無料でアドバイスしますから。いやマジで。

うわー、何があっても強力なサポーターであり続けたソニ☆モバさんまで「Good bye」宣言してるよ……。ウォークマンA、どう見ても終了です。本当にありがとうございました。

| 携帯型プレーヤー | この記事のURI | Posted at 22時27分 |

12月発売の『デジタル音楽の行方』という単行本に解説を書きました

4798110035デジタル音楽の行方
David Kusek Gerd Leonhard yomoyomo

翔泳社 2005-12-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年3月に発売された『The Future Of Music』という洋書があるのですが、それの翻訳本が出版されるということで、解説文を書かせて頂きました。

通常こういう業界物の和訳っていうと日本における補足みたいなものを書けばいいのかなと思ったのですが、書かれていることのほとんどは日本にも当てはまることなので、あえてそういう解説は書きませんでした。

解説の中で書いたんですが、僕はこの本読んですっかり「音殺」の続編書く気がなくなりました。それくらい今後の音楽業界に関する様々な示唆に富んでいるし、手放しで優れた本だと言えます。音殺の終章(音楽のこれから)を面白いと思って読んで頂いた方には絶対に楽しく読める本になっていると思います。yomoyomoさんの翻訳(今のところAmazonのミスでなぜか俺も翻訳したことになってますが違います!)も素晴らしいので、ぜひぜひ音ハメ読者はマストバイでお願いしたいと。

超大物2人による帯の推薦文はここで読めますよ。

| お知らせ | この記事のURI | Posted at 13時12分 |

2005年11月18日(金)

ソニーミュージック(JAPAN)が今回の件についてリリースを発表

米国Sony BMG発売商品における対応に関するお知らせ(Sony Music Japan International Inc.)

XCPのCCCDが全面回収になったことを受け、Sony BMGの輸入盤CDをタワーとかHMVとか大手量販店へディストリビュートしてるSony Music Japan Internationalが対応を発表。

実は日本で海外のCCCDが全面回収になったのってこれが初めてではなくて、2001年に同じことが行われている。ドイツのBMGがHim、WestLife、FIVE、ナタリー・インブルーリアあたりのアルバムをCCCD(MIDBARのCDS)でリリースしたが、いずれも消費者からの「再生できない」というクレームが相次ぎ、結局BMGはCD-DA版アルバムとの交換に応じた。この際BMGの日本法人であるBMGファンハウスが輸入盤の無料交換に応じている。

まぁ文面は無難なところだと思うけど、これだけだと具体的にどのようなセキュリティリスクがあるのかさっぱりわからないねぇ。あとFAQのページとか一番重要な部分を翻訳して掲載しないのは企業としてどうなのか、とは思う。週明けにはもっとまともなページをアップすることを期待したい。

| CCCD | この記事のURI | Posted at 17時57分 |

2ちゃんねるに「ネットストリーミング(仮)」板が登場

ネットストリーミング(仮)@2ch掲示板

個人的にはicecastの運用についての情報交換(日本語リソース)が充実するといいなー。

| ネットラジオ | この記事のURI | Posted at 07時36分 |

過去のニュースへ

_EOF_